『エルドラドを探して:英雄と呪い』日本語版、1月13日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは1月13日、『エルドラドを探して 新版 拡張 英雄と呪い(The Quest for El Dorado: Heroes & Hexes)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・V.デュトレ、2~4人用、10才以上、45分、2640円(税込)。プレイするためには『エルドラドを探して 新版』が必要。

デッキを構築しながら南米で黄金郷エルドラドを目指す人気レースゲームの拡張セット。オリジナルはドイツ語版発売の翌年(2018年)、ラベンスバーガー社から発売されたものを新版にあわせてイラスト一新。新たなルートとして「地形タイル」、ゲームの展開を大きく変える「英雄・魔物カード」、プレイヤーにデメリットを及ぼす「呪いトークン」の他、21枚のプロモカードも同梱されている。

地形タイルには呪いのマスがあり、入ると呪いトークンを受け取らなければならない。効果はめくってみて初めてわかるもので、カードを捨てたり、デッキを圧迫する魔物カードを受け取ったりする。ヒーローも道中のマスで獲得でき、デッキに入ってさまざまな効果を生み出す。これらによってプレイヤーデッキは、基本セット以上に多様になる。

内容物:地形タイル 3枚、障害タイル 2枚、酒場タイル 1枚、呪いトークン 20個、洞窟トークン 18個、ルール説明書 1冊、市場カード 12枚、動物カード 4枚、英雄カード 10枚、魔物カード 15枚、プロモカード(説明カード含み21枚:2パック)(※カードサイズ:57mm×87mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。