ロール&ライト『ガンジスの藩王 ダイスチャーマーズ』日本語版、12月発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nostalgia長泉店は11月下旬12月、『ガンジスの藩王 ダイスチャーマーズ(Rajas of the Ganges: The Dice Charmers)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・I.ブラント&M.ブラント、イラスト・D.ローハウゼン、2~5人用、12歳以上、30~45分、3300円(税込)。拡張セットではなく、単独でプレイできる。

ボードゲーム『ガンジスの藩王』のロール&ライトゲーム版で、オリジナルは2020年にフッフ社(ドイツ)から発売された。『ガンジスの藩王』のテーマやメカニクスを再現しつつ、ダイスドラフトという新たな要素を加えた。

スタートプレイヤーがまとめてダイスを振り、その中からドラフトして取ったダイスのアイコンを自分のプレイヤーシートに記入する。『ガンジスの藩王』と同様、宮殿、商品、街の道路などがあり、名声や収入が入る。

名声と収入はトラックの反対側からスタートして、交差してゲーム終了になるところは『ガンジスの藩王』のメカニクスを継承。より深く交差したプレイヤーが勝者となる。カルマを減らしてダイスをリロールすることもできる。

紙のシートは両面印刷で1 枚で2ゲーム遊べるほか、2種類のシートが入っていて違ったプレイ感で楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。