コロコロコミック発カードゲーム『ロジカル真王』11月18日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学館は11月18日、カードゲーム『ロジカル真王(シンキング)』を発売する。ゲームデザイン・杉本和希、イラスト・森多ヒロ、2人用、6歳以上、10~15分、1540円(税込)。

隔月で刊行されている『別冊コロコロコミック』とのタイアップで発売される2人用ゲーム。『ベイブレードバースト』の森多ヒロ氏がマンガ執筆と、カードイラストを担当する。ゲームデザインのコロコロコミック編集部の杉本和希氏。王座を巡ってお互いに0~9までのカードの中から2枚を隠し、相手が隠した数字を先に当てることを目指す。

手番には手札(隠していないカード)から1枚をプレイして特殊効果を発動した後、相手の隠しカードを当てる。当たれば相手はそのカードを手札に入れて続行。こうして相手の2枚のカードを両方とも先に当てれば勝ちとなる。

カードにはそれぞれ特殊能力があり、次の相手の攻撃を封じたり、相手に質問して隠しカードのヒントを得たりできる。効果を考えてカードをどの順番で出すかで推理の要素があり、またタイミングで駆け引きもある。

マンガ版は10月末発売の『別冊コロコロコミック』12月号に掲載されている。

内容物:カード 20枚、カードスタンド 4個、ルールガイド

小学館通販サイトPAL SHOP:ロジカル真王

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。