アフガニスタンの群雄割拠『パックス・パミール』日本語版、10月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは10月30日、『パックス・パミール(Pax Pamir: Second Edition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン&イラスト・C.ウェールレ、1~5人用、14歳以上、45~150分、11550円(税込)。

シェラマドレゲームズ(スウェーデン)のパックスシリーズとして2015年に発売されたものをリメイクして、ウェーレギグゲームズ(アメリカ)が2019年に発売した作品。19世紀に約100年間にわたってアフガニスタンで繰り広げられたイギリスとロシアの抗争「グレートゲーム」を舞台に、アフガニスタンの有力者となって他プレイヤーと影響力を争う。デザイナーのウェールレは『ルート』の作者。

さまざまな種類のカードの獲得とプレイによって、同盟相手や自分の部族の駒の配置、道の建設、同盟相手への贈り物、他勢力の駒を取り除くための戦闘などのアクションを行う。ボード上ではさまざまな駒がひしめき合う中、最大勢力と同盟を組んで得点を稼ぐ。

最大勢力は、優勢判定のカードが解決されたときにチェックされる。圧倒的に優位に立っていた勢力と同盟しているプレイヤーは、その勢力内の影響力に応じて勝利点が入る。しかし、勢力が均衡していれば個人の影響力に応じて勝利点を得る。優勢判定のたびに部分的にリセットされ、誰かが4勝利点を獲得するか、4回目の優勢判定の後でゲーム終了となる。

どの勢力と同盟を組むことが勝利への近道となるのか見極めるだけでなく、誰かが抜き出て一気に勝利しないよう、他のプレイヤーの動向にも気を配らねばならない。インタラクションが強めの作品。史実に基づいた細かいフレーバーテキスト、雰囲気のある美しい駒、ボードのアートワークも含めて歴史を感じられる作品となっている。

テンデイズゲームズ:パックス・パミール:第二版 日本語版

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です