国際ゲーマーズ賞2021に『アルナックの失われし遺跡』ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際ゲーマーズ賞(International Gamers Awards)選考委員会は27日、ウェブ上にて今年の大賞作品を発表し、受賞者のインタビューを公開した。16日に発表されていた3部門各8タイトルのノミネートから、マルチプレイヤー部門に『アルナックの失われし遺跡』、2人プレイヤー部門に『マイシティ』、ソロ部門に『アンダー・フォーリング・スカイ』が選ばれた。いずれも日本語版が発売されている。

今年で22年目となるこの賞。イギリス、オランダ、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、日本の9カ国から23名の審査員がボードゲーム愛好者の目で投票し、集計して発表している。

『アルナックの失われし遺跡』はチェコゲームズ出版(チェコ)が昨秋発売した探険ゲームで、ワーカープレイスメント、デッキ構築、セットコレクションとゲーマーに人気のメカニクスが入った作品。ドイツ年間エキスパートゲーム賞ノミネート、ドイツゲーム賞1位を獲得し、今年度を代表するゲーマーズゲームの地位を確実にした。日本語版はホビージャパンから発売中。

2人プレイヤー部門の『マイシティ』はR.クニツィアのレガシー要素のあるポリオミノタイル配置ゲーム。4人までプレイできるが、2人プレイも楽しめる。日本語版はアークライトから発売中。ソロ部門は世界的なコロナ禍を受けて今年から新設された部門で『アンダー・フォーリング・スカイ』はエイリアンから地球を守る1人専用ゲーム。日本語版はホビージャパンから。

ノミネート作品では2人プレイヤー部門に国産の『バスルートをつくろう・ダイス』(Saashi & Saashi)が入っている。

International Gamers Awards: 2021 Winners

【国際ゲーマーズ賞2021】

マルチプレイヤー部門:アルナックの失われし遺跡(Lost Ruins of Arnak)
ゲームデザイン・ミン&エルウェン/チェコゲームズ出版

ノミネート:紀元1800、ビヨンド・ザ・サン、デューン:インペリウム、ハラータウ、ニダベリア、パレオ、プラハ王国の首都

2人プレイヤー部門:マイシティ(My City)
ゲームデザイン・R.クニツィア/コスモス

ノミネート:ボタニク、グルームヘイヴン:獅子のあぎと、インペリウム、ジキルVSハイド、バスルートをつくろう・ダイス、ミクロマクロ:クライムシティ、アンドーテッド:北米

ソロ部門:アンダー・フォーリング・スカイ(Under Falling Skies)
ゲームデザイン・T.ウフリージュ/チェコゲームズ出版

ノミネート:キャリコ、カンタループ:刑務所入獄、クレバーキューブド、ハラータウ、インペリウム、ミクロマクロ:クライムシティ、スリーピングゴッド

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です