『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー:野望の果てに』日本語版、9月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは9月上旬、『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー:野望の果てに(Roll for the Galaxy: Ambition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.H.フアン&A.レーマン、2~5人用、14歳以上、45分、4400円(税込)。プレイするためには『ロール・フォー・ザ・ギャラクシー』本体が必要。

『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』のダイスゲーム版として2014年に発売された作品の第1拡張セット。オリジナルはその翌年に発売されている。さらなる勢力14枚と初期ワールド7枚、新タイル5枚が加わり、ゲームに新たな戦略が開かれる。

新ダイスの「リーダー」や「起業家」は、同じ面に目が2つあったり、アクションの完了時にダイスを住民枠ではなくカップに戻す新たな目「$」があったりして、さらなる選択肢をもたらす。また『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』でも登場した「目的」は、プレイの戦略に指針を与え、未使用ならゲーム終了時に点数になりますが、使うとダイスの代わりにできる逸材カウンターを獲得することができる。

内容物:専用ダイス 38個、勢力タイル 14枚、初期タイル 7枚、ゲームタイル 5枚、目的タイル 20枚、逸材カウンター 80個、シール 10枚、ルールブック

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です