時間差ワカプレ『プラネトリコ』をリメイク『クロックワーカー』8月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは8月下旬、『クロックワーカー Clockworker』を発売する。ゲームデザイン・りかち、アートワーク・Yustas S、プロデュース・ねいじまとうこ、2~4人用、12歳以上、45分、4070円(税込)。

ボードゲーム制作サークル「四等星」がゲームマーケット2017春に発表した宇宙開発ゲーム『プラネトリコ』をリメイク。ワーカーが帰還したときにアクションが発動する時間差ワーカープレイスメントゲームをディベロップし、テーマとアートワークを一新、コンポーネントも豪華になった。

2XXX年、人類に見捨てられた地球で、残された旧式ロボットたちが工場や機械を再び稼働させる。資源を獲得し、資源を使って人類の遺した技術を再発明しよう。遺物を獲得すれば、新たな特殊能力や勝利点を得られる。

ワーカーの配置方法と、ワーカーが資源を獲得するタイミングが特徴。ワーカー配置できる場所カードにはマスが複数あり、ワーカーは上から順にしか置くことができない。また、資源はワーカーを回収する際に獲得できるが、回収できるのはワーカーを配置した次の手番以降で、それも一番上のマスから1体ずつしか回収できない。時間差で帰ってくるワーカーを計算して、効率よく勝利点を獲得しよう。

『プラネトリコ』からカード能力を調整したほか、「レコードタイル」という新たな勝利点戦術を追加。また、2人用ルールも加わりプレイ人数の幅が広がった。小さなワーカーコマも没入感を高める。

本作はホビージャパンの公募で選ばれた。同社から発売されている『たたらばと森』『ダイスエイジ』『老師敬服』『ハンザの女王』に続く国産ボードゲームシリーズとなる。

内容物:カード 72枚(59x92mm)、レコードタイル 20枚、ワーカー 50個、ペレット 80個、ギアトークン 80個、勝利点トークン 80枚、+1資源トークン 1枚、-1ギアトークン 1枚、サマリータイル 4枚、スタートプレイヤーマーカー 1個、ルールブック 2冊(日・英)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です