ランダム生成されたお題で小説を書く『ショートショートnote』6月22日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社パートナーズは本日、『ショートショートnote』を発売する。プロデュース・大澤孝、ゲームデザイン・高橋晋平、監修・田丸雅智、1~人、7歳以上、15~30分、2970円(税込)。

会員数380万人、ボードゲーム関連も多いメディアプラットフォーム「note」公認のカードゲーム。お題カード2枚でランダムに生成されたタイトルの物語を制限時間内でPCやスマホでnoteに書き、「スキ」の数を競うというハイブリッドな作品だ。

制限時間は3~7分で設定し、ハッシュタグ「#ショートショートnote」を付けて投稿することで短時間でも「スキ」がもらえる仕組み。ZoomやLINEなどを使ってオンラインでも遊べるほか、紙に書いたり口頭で発表したりして完全オフラインでもプレイ可能。「形式カード」によって文章だけでなく、イラストや漫画、写真、音声(口頭)などアウトプット形式を変えることもできる。

お題カードは200枚あり、想像力を引き立てるようにショートショート作家の田丸雅智氏が監修。ほかに執筆のヒントカードも入っていて、物語作りをサポートしてくれる。

発売を記念して本日20:00からYoutubeにて、制作者による「5分でチャレンジ!ショートショート書き方講座」が配信され、視聴者がゲームに参加できる。視聴方法はこちらから。

内容物:お題カード 200枚(+予備10枚)、制限時間カード 3枚、形式カード 3枚、ヒントカード 4枚、取扱説明書

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です