『ビブリオス』を王宮舞台にリメイク『我と王のために』日本語版、5月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは5月下旬、『我と王のために(For the King (and Me))』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.フィン、イラスト・A.ウェインストック、2~5人用、10歳以上、30分、3300円(税込)。

日本語版が2014年に発売された『ビブリオス:中世の写本師』のテーマ変えリメイク。『ビブリオス』と同じイエロ社(フランス)から今春発売となる。貴重な写本を集めた書庫を作るゲームから、王国の大臣となって外交、軍事、建築、家畜、娯楽、厨房の各分野で手柄を競うゲームになった。特徴的だった得点表示用ダイスはタイルに変更されている。

ゲームはカード分配フェイズと競りフェイズに分かれる。カード分配フェイズは、順番にデッキのカードを1枚ずつめくって、自分用、競り用、他のプレイヤーのドラフト用に分配する。自分用は1枚までなので、一度自分用に取ってしまうと、それ以降いいカードが来ても取ることができない。

デッキのカードがなくなったら競りフェイズで、競り用に分配されていたカードを自分用に獲得していたカードで競る。競りにかけられるカードは、各色の評判ポイント、お金、得点を変更できるものがあり、競り落としたら手札に入る。競り用のカードがなくなったら手札を公開し、色別に評判ポイントを合計してそれぞれ一位だった人が得点し、得点合計で勝敗を競う。

自分が勝てなさそうな分野は得点を下げることもでき、陰謀渦巻く王宮の駆け引きが楽しめる。

内容物:統治ボード 1枚、貴族タイル 5枚、職務タイル 36枚、カード内訳シート 1枚、カード 108枚(統治カード 54枚、王様カード 15枚、金貨カード 39枚)他

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です