『ピクチャーズ』上級ルール

picturesJ.jpgシュピールボックス2020/6所収。このルールのほかにボードゲームを写したプロモカード4枚(両面)が付いている。

  • カード:7枚ランダムに引き、写真に合う/合わないで2グループに分ける
  • キューブ:同色は2個まで
  • くつひも:1本だけ
  • 積み木:接地できるのは2個まで
  • 石と木:合計4個まで

もともと『ピクチャーズ』は限られた素材で写真を表現する「コミュニケーション制限」メカニクスのゲームであるが、さらに制限をきつくすることでやりがいのある挑戦になる。特にカードとキューブは「何を使わなかったか」もヒントとなるため、推理の要素があって頭の別なところを使う。ゲーマー同士で遊ぶなら、標準ルールにしてもよいぐらいだ。1問終わるたびに「どれだと思ったか、それはなぜか」という話も盛り上がった。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です