タビネズミ開拓記(Lemmings’ Frontier)

このエントリーをはてなブックマークに追加

それ以上進むのは危険?

ネズミたちが装備を整え、未開の大陸の奥地で最終目標の達成を目指す協力ゲーム。クリッティニアからゲームマーケット2020秋に発表された。一枚一枚描きこまれたカードイラストが冒険のスリルを引き立てる。

ゲームは「調査フェイズ」で探険を進め、装備が切れてきたら「拠点フェイズ」で立て直すというのを繰り返す。「拠点フェイズ」に行ける回数は限りがあるので、どこで引き返すかが重要だ。ドラクエでぎりぎりまで戦って街に戻るみたいな感じ。

調査フェイズは、スタート地点からコマを進め、山札からめくったカードを配置する。モンスターが出てくれば戦闘で、体調から時計回りに手札を出して合計値が生物レベルを上回れば撃退できる。撃退したら資源が手に入り、さらに進むか、拠点フェイズに移るかを選ぶ。撃退できなければ強制的に拠点フェイズとなる。

敵は奥に進むほど強くなる一方、手札は少なくなっていく。まだ行けそうかどうかよく相談しておきたいところだ。一定の条件を満たすと、その生物カードは「調査完了」となり、次回は通過できるようになる。

拠点フェイズでは手札を補充したり、手札上限を増やしたり、特殊能力を獲得したりできる。これで最終目標カードを達成できる力を蓄えよう。最終目標カードは6枚のいずれかで、最後に行ってみるまで分からず、しかも挑戦できるのは1回限り。何が出るかわからないが、手札を満タンにして臨まないとかなわない強敵であることは間違いない。調査フェイズに戻るたびスタート地点からになるので、途中のカードをできるだけ「調査完了」にしておいて手札を節約したい。

3人プレイで40分ほど。手札から出す道具にさまざまな能力があって、うまく使いこなせれば窮地を脱出できた。しかし最終目標はそれでも太刀打ちできず敗北。もう1回拠点フェイズで出直せば達成できただろうか。説明書の最後にある各最終目標ごとのエンディングは読めていない。

タビネズミ開拓記
ゲームデザイン・くりったー/イラスト・木之仔じゅま
クリッティニア(2020年)
3~4人用/12歳以上/45~60分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です