セメタリーセメラリタリー(Cemetery Conqueror)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

攻められまくりー

墓石を並べてパターンマッチングとエリアマジョリティーを競うオークションゲーム。有限浪漫からゲームマーケット2020秋に発表された。オールペイ(落札できなくても支払う)による封印入札オークションがゲームの緊張感を高める。

オークションで使うコインカード(1~7金)は、ダイスを2個振って取る。12を出せば1と5と6というように、場札を組み合わせて獲得できる。ゾロ目だと、先着1名でオークションで必ず勝てる「虹コイン」カード。順番にダイスを振ってはコインカードを獲得し、出た目に対応するカードがなくなったらいよいよオークション。

オークションで競るものは、アクションである。墓石を2個置く、ほかの墓石を差し替える、場所を交換するなどのアクションカードがめくられ、手番順に枚数だけ宣言してコインカードを裏にして出す。パスも可能だが、勝っても負けても入札したコインカードは捨て札になる(オールペイ)。

オークション回数はプレイヤー人数分。余ったコインカードは持ち越し。1ラウンドに1回勝てればよいわけだが、オールペイなので僅差で負けたときは厳しい。

さて墓石を置いたとき、指定されたパターンに並んでいると得点が入る。こちらは早いもの勝ちだが、ゲーム終了時に自分だけが得点できるパターンもある。墓地すべてが埋まったらゲーム終了。墓地ごとにエリアマジョリティーの得点も入れて合計点を競う。

アクションがプレイヤーによって欲しくないという場合はあまりないため、「虹コイン」カードの持ち主の動向と、先手プレイヤーの枚数を見て、全力で行くか、パスするかという選択を迫られることになる。1や2のカードを多く持っていて、枚数が多い割には金額は少ないんじゃないかとか、1枚だけだしているのは虹コインなのだろうかとか、ブラフ的なオークションになった。読みがことごとく外れ、攻められっぱなしの圧敗(写真の白キューブ。1個しか残っていない)。

セメタリーセメラレタリー
ゲームデザイン&イラスト・マサノフ
有限浪漫(2020年)
3~4人用/8歳以上/30分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です