協力ストーリーゲーム第2弾『アドベンチャーゲーム:モノクロームINC.』日本語版、2月19日発売

グループSNE/cosaicは2月19日、『アドベンチャーゲーム:モノクロームINC.(Adventure Games: Die Monochrome AG)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ウォーカー=ハーディング&M.ダンスタン、イラスト・M.シラー、1~4人用、12歳以上、90分、3000円(税別)。

昨年夏に日本語版が発売された『アドベンチャーゲーム:ザ・ダンジョン』に続く第2弾。コスモス社(ドイツ)の人気シリーズ『脱出:ザ・ゲーム』に続く新しい謎解きゲームシリーズで、デザイナーには前作同様ウォーカー=ハーディングとダンスタンが担当した。2019年に発売された初期シリーズ3タイトルのひとつで、原語版はすでに5タイトル発売されている。

画面上に映し出された場所を調べ、入手したアイテムを組み合わせたりコマンドを入力したりすることでストーリーを読み進めていく「アドベンチャーゲーム」をアナログでプレイする。「フロアカード」の気になる場所を探索し、指定された番号を「ストーリーブック」から読み上げる。アイテムが見つかったら「アドベンチャーカード」を獲得し、アイテムとアイテム、またはアイテムと場所を組み合わせて、物語の秘密を解き明かしていく。

今回の舞台は近未来で、プレイヤーはさまざまな犯罪のプロとなり、とある研究所に侵入する。しかし目立つ行動をとると「アラームレベル」が上昇し、調査がやりにくくなってしまう。果たしてあなたは謎めいた巨大企業の真の姿を明らかにすることができるだろうか?


(写真はドイツ語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です