手のひら伝言ゲーム『パームリーダー』日本語版、11月6日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

palmreaderJ.jpgピチカートデザインは11月6日、『パームリーダー(Palm Reader)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・A.セドタル&J.ビットナー、4~10人用、6歳以上、15分、2000円(税別)。
オリジナルは『マジックメイズ』のシットダウン!(ベルギー)から2019年に発売された作品。デザイナーはアメリカ人。相手の手のひらにお題のマークをなぞって、できるだけ途切れないように同じマークを回答できるようにする協力コミュニケーションゲームだ。
スタートプレイヤーは、お題カードと専用の箱の中で振ったダイスを確認。その後左どなりのプレイヤーの手のひらにお題のマークをなぞり書きしていく。
一周したら、スタートプレイヤーはもう一度だけチャレンジを行うことができ、その後でお題のカードを提示し、正解だと思う番号を一斉に回答し、スタートプレイヤーから数えて時計回りで正解した人の数だけ得点。これを10ラウンド行い、合計点で成績を出す。
紛らわしいお題を手のひらの感触だけで読み取るには集中力が問われる。さらに手と手のふれあいもあってドキドキするゲームだ。
内容物:お題カード 108枚、サイコロ 1個、秘密の箱 1個、スコアシート 1冊、日本語説明書 1部

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です