その名前は何っぽい?『メイメイ』12月11日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

meimei.jpg幻冬舎は12月11日、命名コミュニケーションゲーム『メイメイ』を発売する。ゲームデザイン&イラスト・error403、3~6人用、8歳以上、15分、1600円(税別)。

「エラーくん」と呼ばれるキャラクターや、書籍の装画、アニメーション制作など幅広く活動するクリエイターerror403氏が手掛けたカードゲーム。

親が山札から引いたカードにほかのプレイヤーに見せないで名前をつけ、山札からさらにカードを引いて、その名前をつけたのかどのカードだったか、ほかのプレイヤーに当ててもらう。「ターゲットヒント」メカニクスを用いており、「正解者とハズレがどちらもいる場合」でないと得点が発生しないため、「誰かひとりは分かってくれるだろう」という絶妙な命名を目指さなければならない。

「飼い猫の名前」「古代アステカのそろばん」「海外アニメーションのキャラクター」「ゴリラ相撲の決まり手」など、想像力を掻き立てられるお題カード100枚にはそれぞれerror403氏のイラスト付き。言葉のフィーリングのマッチングが楽しめる。2人からでも遊べる特別ルールも収録。

幻冬舎:メイメイ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です