シュピール・デジタル’20:開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月22日(木)、日本時間の17時から、4日間にわたって世界最大のボードゲームメッセのオンラインイベント「シュピール・デジタル(Spiel Digital)」が開催される。41カ国から400団体以上が参加し、新作の紹介やデザイナーインタビューなどを行う。英語とドイツ語のみ、参加無料。
spiel.digital
コロナ禍のため37年目にして史上初のオンライン開催となったエッセン・シュピール。リアルイベントの開催は来年に延期されることが発表されていたが、開催が予定されていた期日にオンラインイベントが開催されることになった。
専用サイトには1400タイトルの新作ボードゲームが登録されており、期間中は詳細ページにリンクされる。ジャンルや出版社などで絞り込んで検索できるようになっており、作品によってはオンラインシミュレータによるバーチャルプレイ卓や通販ページも利用できる。
主催のフリードヘルム・メルツ社によると、出展者の参加コストが下がったことで、ブラジルやナイジェリアなど、南アメリカや西アフリカから初出展の団体が増えたという。
イベントは2300も登録されており、時差もあってさまざまな時間に視聴・参加できる。公式で確認できる主なイベントは以下の通り(時間は日本時間)。
22日 19:00 フェアプレイ・アラカルトカードゲーム賞授賞式(Twitchにて)
23日 11:30~12:00 M.ゲルツのインタビュー(PD Verlag)
23日 17:00~18:00 B.J.ギルバートのインタビュー(Alley Cat Games)
24日 7:30~10:00 V.ラセルダのライブプレイ(Skellig Games)
24日 10:00~11:00 J.ステグマイヤーのインタビュー(Feuerland Spiele)
24日 15:00~16:00 M.ワレスのインタビュー(Alley Cat Games)
26日 1:00~2:00 A.プフィスターのインタビュー(dlp games)
ほとんどのイベントは英語かドイツ語だが、ハバ社(ドイツ)とすごろくやが共同で配信するYoutube配信が日本語で視聴できる。


Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です