その家は俺が建てる!『ポルト』日本語版、11月28日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

portoJ.JPG長崎のボードゲームカフェ「サニーバード」は11月28日、『ポルト(Porto)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・O.サー、イラスト・L.L.リマ、1~4人用、8歳以上、50分、4800円(税別)。ゲームマーケット2020秋にて、4500円で先行販売(予約受付中 )。
オリジナルは『アハイアル』のメボゲームズ(ポルトガル)から2019年に発売された作品。ポルトガル北西部の都市ポルトの、カラフルな家々が立ち並ぶリベイラ地区を舞台に、多層階の家を建てて契約を達成するタイル配置ゲームだ。
手番にはカードを引くかフロアタイルを配置する。カードには1~3の数値があり、フロアタイルを配置するには手札から2枚のカードをプレイして、そのうち1枚でフロアタイルの枚数、もう1枚でフロアタイルの色が決まる。手札が3枚だけでも6通りの組み合わせがあり、手札が増えるほど組み合わせはもっと増える。
建物は得点源となるが、タイルを配置したプレイヤーが所有者というわけではなく、ほかのプレイヤーに利益をもたらすこともある。自分が建て始めた建物をほかのプレイヤーが完成させることもあり、ほかのプレイヤーの動向にはよく注意しておかなければならない。
得点は建物の完成、重要なスペースへのタイル配置、公共契約の達成、ゲーム終了時の個人契約の達成などでもたらされる。規定数の建物が完成したラウンドでゲームは終わる。美しいアートワークも魅力的な、インタラクションとほどよい運の要素を兼ね備えたピュアユーロゲームだ。
内容物:日本語ルールブック1部、ゲームボード 1枚、スタートプレイヤートークン 1個、フロアタイル 75枚、地上フロアタイル 15枚、屋根タイル 14枚、得点計算用コマ 4個、サマリーカード 4枚、勝利点トークン 14枚、得点マーカー 4枚、建築カード 50枚、公共契約カード 35枚、個人契約カード 39枚
portoJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です