日時計のダイスドラフト『テケン:太陽のオベリスク』日本語版、8月上旬発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

テンデイズゲームズは8月上旬、総合戦略ボードゲーム『テケン:太陽のオベリスク(Tekhenu: Obelisk of the Sun)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.タッシーニ&D.トゥルチ、1~4人用、14歳以上、60~120分、7000円(税別)。
『テオティワカン:シティオブゴッズ』のデザイナーコンビによるエジプトテーマの戦略ボードゲーム。オリジナルはボード&ダイス社(ポーランド)によるもので、今夏世界同時発売となる最新作だ。神を称え、都市を発展させて勝利点を競う。
メインシステムはダイスドラフトで、手番ごとにボード上に置かれたダイスを取り、ダイスの置かれていた場所に対応するアクションを実行する。
アクションはラーやオシリスなどエジプトの神々に割り当てられており、「彫像を建てる」、「工房を建設する」、「都市を発展させ人口を増やす」、「円柱を建てる」、「住人の幸福度を上げる」など多岐にわたり、得点、パラメータ、生産力、便乗、タイル配置パズル、特殊カード、マジョリティ争いといった要素が綿密に絡み合っている。
ゲームボード中央にある「オベリスク」がこのゲームの大きな特徴。ダイスが置かれているオベリスク周囲のマスは日時計を表しており、日向、薄暗がり、日陰が移り変わることで「純粋なダイス」と「汚れているダイス」ができる。このバランスも考えてダイスを選ばなければならない。
1人用ルールや早見表も含めルールブックは32ページ。今夏一番のゲーマーズゲームの登場だ。
テンデイズゲームズ:テケン:太陽のオベリスク
tekhenuJ.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です