『人狼ゲームで「言い過ぎた!」と思ったら読む本』8月30日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪人狼ラボは8月30日、電子書籍『人狼ゲームで「言い過ぎた!」と思ったら読む本 ~人狼ゲームで学ぶおもいやりコミュニケーション~』を発売した。著・長谷直道、103ページ、800円(税込)。
2016年に発売された『人狼ゲームの戦略から学ぶロジカルシンキングとコミュニケーションのスキル』に続く大阪人狼ラボの電子書籍第2弾。人狼ゲーム中にありがちな「キレポイント」を47の観点から取り上げ、解決策とともに紹介する。
人狼ゲームはネットでのプレイ動画により知名度が高まっているが、実際やってみると多かれ少なかれ嫌な経験をすることが少なくなく、「人狼ゲームは恐い」といったトラウマやネガティブな評価も多い。そこで新規プレイヤーが増加していく上で必須となるマナー向上を目的として著された。
項目は「信じて貰えなくてもイライラしない」「考え方の違いを否定しない」「相手が間違っているというスタンスを取らない」「人の話を遮らない」「価値観の違いに触れない」「自分の話ばかりしない」「見下さない」「決めつけた話し方をしない」「上級者だとイキらない」「聞かれてもないアドバイスをしない」「論理で抑え込まない」「ため息を吐いてアピールしない」など。
人狼ゲームに限らず、実生活に生かせるアンガーマネジメントも視野に入れ、むずかしい理論や理屈はなしで解説する。コミュニケーション系のボードゲーム一般にも応用ができそうだ。
大阪人狼ラボ:【おすすめの本】人狼ゲームで「言い過ぎた!」と思ったら読む本 ~人狼ゲームで学ぶおもいやりコミュニケーション~

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です