バランスの取れた発電を『電力世界』日本語版、5月16日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューゲームズオーダーは5月16日、『電力世界(Electropolis)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・チャン・ユーディ&クー・チュンウェイ&ワン・リャン、2~4人用、12歳以上、50~70分、4500円(税別)。
山頂洞人實驗室(Homosapiens Lab、台湾)から2019年に発売された作品。ゲームマーケットに出展され、話題となっていた作品が日本語版となった。架空の都市の市長となり、自らの都市に安定的な電力供給を行うタイル配置ゲーム。
手番順に獲得するタイル枚数を決めて、場からタイルを取り、自分のプレイヤーボードの指定された範囲内に配置する。これを8ラウンド行い、都市が完成したら得点計算を行う。
石炭火力発電所は石炭、天然ガス発電所は天然ガス、原子力発電所は核燃料と使用済み核燃料最終処分場があれば発電でき、得点になる。太陽光・水力・風力発電所は燃料不要で得点になる。しかし石炭火力発電所と天然ガス発電所は大気汚染をもたらし、大気汚染防止施設で減らすか、公共施設による支持で相殺しないと減点になってしまう。
さらに各自に与えられた発展カードのボーナス条件、全員で条件を競うトレンドカードの得点を加え、勝敗を競う。タイル選択の駆け引きを制し、発電量だけでなく、大気環境や住みやすさにも配慮したバランスの良い都市を作ろう。
New Games Order:電力世界(日本語版)

(写真は中国語・英語版)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です