デッキ構築&ダイスドラフトで酒場経営『ティーフェンタールの酒場』日本語版、2月20日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

tiefenthalJ.jpgアークライトは2月22日、『ティーフェンタールの酒場(Die Tavernen im Tiefen Thal)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.ヴァルシュ、イラスト・D.ローハウゼン、2~4人用、12歳以上、60分、5800円(税別)。
『クアックザルバー』でドイツ年間エキスパートゲーム大賞を受賞したヴァルシュが、同じシュミット社(ドイツ)から昨年発売した作品。ドイツゲーム賞で『ウイングスパン』に次ぐ2位に選ばれている。プレイヤーは酒場の主人となり、うまく切り盛りしてお金持ちの常連客を増やすことを目指す。
毎ラウンド、自分のデッキからお店に客を並べてスタート。各プレイヤーが4つのダイスを振ってその中から1つ選び、残りをそれぞれ左どなりに渡していく(ダイスドラフト)。このダイスを自分のボードやカードに配置して客から収益を得たり、ビールを醸造したりする。そしてこのお金とビールで新しい客を手に入れたり、ウェイトレスの雇用・酒場の拡張整備などのアクションを行ったりする。
徐々に金持ちの客が入ってくる自分のデッキは圧縮もでき、収益がだんだん上がっていく仕組み。しかし必ずしもすべてのカードが引かれるわけではないため、その夜のお店の状態は開店してみるまで分からない。8ラウンドの後、デッキのカードの得点を合計して最も高いプレイヤーが勝利する。
デッキ構築の育成感と、ダイスロールの興奮、そしてダイスドラフトの駆け引きと楽しさがいっぱい詰まっており、夜の酒場の高揚感が再現されている。追加モジュールもたくさん用意されており、リプレイ性も高い。
内容物:修道院ボード 1枚、ラウンドマーカー 1個、カウンター客タイル 12枚、シュナップスボーナスタイル 3枚、酒場ボード 4枚、設備タイル 40枚、白ダイス 16個、色付きダイス 12個、コースター 4枚、ビール貯蔵庫マーカー 4個、金庫マーカー 4個、修道院マーカー 4個、親マーカー 1個、カード 240枚、シュナップストークン 20個、芸人タイル 12枚、評判マーカー 4個、記名帳ボード 4枚、サインタイル 40枚、ルール説明書 1冊、追加モジュール説明書 1冊

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です