『キャット&チョコレート 非日常編』11月8日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻冬舎は11月8日、コミュニケーションゲーム『キャット&チョコレート 非日常編』を発売した。ゲームデザイン・秋口ぎぐる、3~6人用、8歳以上、20分、1500円(税別)1760円(税込)。

幽霊屋敷編が2010年の日本ボードゲーム大賞に選ばれてから、2013年にcosaicからビジネス編と学園編、2014年に幻冬舎から日常編、2015年にragumoから冠婚葬祭編、今年にスロウカーブからガチャピンチャレンジ編と各社からシリーズ作品が発売されているコミュニケーションゲーム。幻冬舎の日常編がYoutubeなどで取り上げられ、5年間で累計19万部にもなっていることから、同社から非日常編が発売されることになった。

「タイムマシンの燃料が切れた。未来へ帰りたい」「テレビからこわい幽霊が出てきた」といった現実では起こり得ないようなピンチを、「死者が見える能力」「雪の女王」「ラブソング」などひとクセあるアイテムで乗り切る。日常編に増して壮大で突拍子もないピンチが想像力を掻き立て、ゲームを盛り上げる。

内容物:カード70枚(イベントカード31枚、アイテムカード32枚、チームカード6枚、ENDカード1枚)、遊び方ガイド

追記:2022年2月に新装版が発売。カードを6枚増やし、カードサイズを88×63mmに変更。内容の一部変更と全イラストの描き直しを行い、パッケージは丈夫な縦型の貼り箱になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。