『放課後さいころ倶楽部』第15巻発売

小学館は本日、月刊少年サンデー「ゲッサン」連載のボードゲームコミック『放課後さいころ倶楽部』第15巻を発売した。作・中道裕大、630円(税別)。
女子高校生がボードゲームを通じて友情を深めていく物語。毎回ボードゲームが1タイトルずつ登場し、そのゲームを通じたドラマが描かれる。今回は第72~86話で、学園祭が終わって残り高校生活も短くなってきた2年生のミドリが下したある決断に、1年生のカンナとナオが岐路に立たされる。登場するボードゲームは『クク21』『街コロ』『ZERO』の3タイトル。
単行本が累計50万部を突破。今月からアニメ放送も始まり、ますます注目が集まるコミック。ボードゲーム紹介コーナーを担当している「すごろくや」では、発売を記念して1000円以上購入すると作者サイン入りイラストカードをプレゼントしているほか、20日(台風のため12日から延期)には掲載されたボードゲーム3タイトルを体験するイベントが行われる。また、小学館のコミックアプリ「マンガワン」にて13巻までまとめ読みできる(10月18日まで)。
放課後さいころ倶楽部公式サイト

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です