アメリカ・テーブルトップ賞2019に『キャッチ・ザ・ムーン』ほか

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ・テーブルトップ賞(The American Tabletop Awards、以下ATTA賞)委員会は今月9日、第1回目となるATTA賞を発表した。ボードゲームを紹介する在米のブロガーやユーチューバーなど10名の委員が4部門について選んだ作品は以下の通り。
ATTA賞は、アメリカのボードゲーム市場が急速に拡大する中、ドイツ年間ゲーム大賞、フランス・アスドール、スペイン年間ゲーム大賞、オーストラリア・カンガ賞のような一般向けの賞がアメリカになかったことから創設された。
対象は英語ルールがあること、モノがあること(プリント&プレイ版などでないこと)、前年に初版でリリースされたこと、小売またはクラウドファンディングが条件で、委員が5タイトルまでをランキングを付けて推薦し、これを集計して決定する。
共同設立者で、レビューサイト”What’s Eric Playing? link“を運営するE.ユルコ氏は、「委員会が結集して2018年に発売されたすごいボードゲームを見ることができたことを嬉しく思います。テーブルトップゲームのコンテンツ製作畑を縦断する多様な委員が集まったことはとても幸運なことで、どのボードゲームが受賞したか発表できることを喜んでいます」とコメントしている。
The American Tabletop Awards link
【アメリカ・テーブルトップ賞2019】
初心者ゲーム部門:キャッチ・ザ・ムーン
ノミネート:スネイル・スプリント、ザ・マインド
推薦:ドロップイット、メガランド
カジュアルゲーム部門:クアックザルバー
ノミネート:シャドウズ・アムステルダム、スペースベース
推薦:ジャストワン、ギズモ
戦略ゲーム部門:クロニクルズ・オブ・クライム
ノミネート:西フランク王国の建築家、陸海空の英雄たち
推薦:コインブラ、クリプテッド
コンプレックスゲーム部門:ルート
ノミネート:裏切り者レガシー、ブラス・バーミンガム
推薦:テオティワカン・シティオブゴッズ、故宮

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です