コードネーム:ドイツゲーム賞2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュピール’16でフロステッドゲームズ(ドイツ)から発売された『ドイツゲーム賞2016ミニ拡張セット(Deutsche Spielepreis 2016 Goodie-Box)』は、『モンバサ』『コードネーム』『タイムストーリーズ』『スカイアイランド』の拡張セットが入っている。この中から『コードネーム』の拡張セットをプレイした。
『コードネーム』のミニ拡張は、表が傑作・定番ゲームのゲーム名、裏がそのデザイナー名になっている。デザイナー名で『コードネーム』をするのは相当のマニアでないと厳しそうだ。今回はゲーム名のほうを使ってみた。
ヒントは「ワーカープレイスメント」「砂漠」などのシステム・テーマに関するものから、「日本語版」「2人でも遊べる」「長方形」、果ては「懐かしい」「○○さん未所有」などのみんなが???なものまで。これらを組み合わせて解答していくのはなかなか盛り上がる。カード数があまり多くなくて2ゲーム完全入れ替えできないくらいだったが、適度に織り交ぜれば、あとは並び方がカードで変わるので何度でも楽しめる。
コードネーム:ドイツゲーム賞

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です