ドイツ人は3人に1人が月1でボードゲームを遊ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社が出資する「未来の質問のための基金(Stiftung für Zukunftsfragen)」は、余暇に関するモニター調査結果を発表した。その中の「ボードゲーム・カードゲームをプレイする」という項目では32%が月に1回と答えている。週に1回と答えた8%と合わせると、4割のドイツ人が定期的にボードゲームを遊んでいることになる。
この調査は今年5~6月に、14歳以上の3000人に対して面談で行われた。インターネット、スマートフォン、さまざまな余暇の過ごし方について頻度を尋ねている。男女比はほぼ半々で、年代(青年~老年)・住んでいる地域(村~大都市)もバランスが取られている。
余暇の過ごし方は、週1回、月1回、年1回から一番回答多かったものに分類されており、「ボードゲーム・カードゲームをプレイする」は全体の32%が月1回と答えた。属性別では、子供のいる夫婦が36%、青年が34%と高めだが、壮年、老年も33%と世代を問わず遊ばれている。一番低かったのは子供のいない夫婦で26%。
月1回の中で回答が多かった余暇の過ごし方は、ほかに「家で友人・知人と会う」(65%)、「ビデオ・DVD・ブルーレイ映画を見る」(49%)、「ショッピング」(48%)、「レストラン」(48%)、「飲み屋に行く」(32%)、「スポーツ観戦」(24%)、「ビデオゲーム」(22%)、「ジョギング」(20%)、「教会に行く」(16%)、「映画館に行く」(12%)などがある。これと比べるとボードゲームが一般的であることが分かる。またビデオゲームよりもアナログゲームの比率が高いのが注目される。
Stiftung für Zukunftsfragen:Freizeit-Monitors 2016

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です