ニュルンベルク’16新作情報:ラベンスバーガー

このエントリーをはてなブックマークに追加

レジェンド(Legends)
C.フィオーレ、K.ハッペル作、2~4人用、9歳以上、45〜60分。
冒険家の世界へようこそ。プレイヤーは向こう見ずな冒険家となって遠くにあるミステリアスな場所を訪れ、カードを集めます。アトランティス大陸を見つけるには海に潜り、 雪男を探してヒマラヤに行きます。時間を上手に使うことのできた冒険家が一番になるでしょう。
手番には冒険家コマを移動して、カードを取るか、移動先の場所に対応したカードをプレイします。アクションのたびに時間トラックのコマが進み、手番は常に時間を一番使っていないプレイヤーが行います。一定の時間がたつたびに得点計算が起こり、プレイしたカードから得点が入ります。

ダワク(Dawak)
A.ドロワ作、3~7人用、10歳以上、20分。
クイズを読んで答えが分かったら中央のカードをたたくゲーム。ダイスを振って、出た目の問題を読みます。最初にたたいた人から回答権があります。「ダワク」が出ると、お題をジェスチャーで当ててもらったり、テーブルに並んだコマの中から素早くつかんだりするゲームになります。

回転ラビリンス(Das verdrehte Labyrinth)
M.フェルトケッター作、2~4人用、6歳以上、15分。
魔法の庭にあるラビリンスは一味違います。壁を回転させることで、秘密の生き物や高価な宝物への通路が生まれます。魔法のカードを使えば、早く目的地に達成できるでしょう。壁の回転は『ごきぶりキッチン』のような仕組みです。

クーハンデル・ボードゲーム(Kuhhandel – Brettspiel)
M.フェルトケッター作、2~4人用、6歳以上、15分。
カードゲームの古典が初めてボードゲームになりました。動物の市場価格を上げ、貯金箱にお金を入れ、宝くじで運を試します。手軽な競りゲームでも、ファン向けの上級ゲームでも遊べます。上級ゲームでは、10種類の競りが行われ、ゲームの展開が毎回回ります。また動物の子供も登場します。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です