ツリーフロッグ、自社製作を終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツリーフロッグ・ゲームズ(Treefrog Games)は、8月25日、自社製作を終了することを明らかにした。今後はボードゲームのデザインに専念し、ほかの出版社からリリースされることになる。

ツリーフロッグ・ゲームズはゲームデザイナーM.ウォレス氏の個人レーベルで、2000年にイギリスで設立された(当時はウォーフロッグ・ゲームズ)。『蒸気の時代(2002年)』で一躍注目を浴び、『ブラス(2007年)』『オートモービル(2009年)』などゲーマーに愛される作品を作り続けてきた。

その後「ツリーフロッグ」に名称し、ウォレス氏はニュージーランドに移住。そのためランニングコストが増大し、製作を断念することになった。来年発売予定の『ハンドフル・オブ・スターズ(A Handful of Stars)』を最後に、ツリーフロッグ・ゲームズのロゴが入ったゲームはリリースされなくなる。

中断している『ブラス』の再版プロジェクト(TGiWニュース)については、イーグル・グリフォンゲームズ以外の出版社での製作を模索しているという。ウォレス氏は今年3月にメイフェア社と提携を解消しており(TGiWニュース)、今後の見通しは立たない状況だ。
Treefrog Games:Treefrog’s New Direction

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です