第10回カルカソンヌ世界選手権、望月隆史氏準優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月11日、ドイツのエッセンで行われているメッセ「シュピール」にて、第10回カルカソンヌ世界選手権が開催され、昨年世界チャンピオンの望月隆史氏が準優勝に輝いた。
世界31カ国の代表と、昨年のチャンピオンが参加。日本からは今年の日本選手権優勝者である根岸丈氏と、昨年のチャンピオンとして望月隆史氏の2人が参加した。日本選手権と同様に2人対戦で予選を6ゲーム行い、勝ち数で上位4人が準決勝に進出するレギュレーションである。
予選を通過したのは日本、ギリシャ、オランダ、ブラジル代表という顔ぶれ。望月氏は第9回、ギリシャ代表のP.リツァルドプロス氏は第8回、オランダ代表のE.ブルテン氏は第6回に優勝しており、4人中3人が世界チャンピオンという顔ぶれとなった。
望月氏は予選を2位で通過し、準決勝ではブラジル代表を破って決勝に進出した。決勝は昨年と同じくP.リツァルドプロス氏との対決となり、101対97と僅差で敗れた。根岸丈氏は残念ながら予選敗退。
会場では、もはや定番となったカルカソンヌデザインの着物姿をまとったメビウスママさんをはじめ、多くの日本人が集まり、声援を送っていた。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です