ニューゲームズオーダー、東京ドイツゲーム賞特別賞作『曼荼羅』を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューゲームズオーダーは9日、東京・三鷹で行われる「中央・総武線ボードゲームフェスタ」にて、東京ドイツゲーム賞で特別賞を受賞した国産オリジナルゲーム『曼荼羅』を発売する。デザイン・麻生忠嗣、イラスト・ママダユースケ、3~4人用、12歳以上、120分、6,000円(税込)。「中央・総武線ボードゲームフェスタ」以後、順次各ショップで取り扱い開始となる。
『枯山水』が大賞を受賞した第1回東京ドイツゲーム賞にて、最終選考まで残った末、ニューゲームズオーダー特別賞に選ばれた作品。2年の歳月を経て、ようやく製品化が実現した。
密教の世界観を表した曼荼羅(マンダラ)の上で、自分のコマをできるだけ多くつながるように置くことを目指すゲーム。タイルの上にコマを置いて、そのタイルをボードに置くという二重構造で、奥の深い展開が待っている。コマの行方を左右する六道カード(天、人間、修羅、餓鬼、畜生、地獄)を取ってゲームのイニシアチブを奪うか、タイルにコマを増やす方を優先するか、ジレンマがあちこちに仕掛けられている。
ルールは4ページながら、国産ゲームには珍しい2時間級のゲーマーズゲーム。ルールを読んだだけではほとんど想像できない展開があり、「爆発力のある、本当に難しく、本当に面白いゲーム」だ。
B2FGames:ボードゲーム「曼荼羅」を8月9日「中央・総武線ボードゲームフェスタ」で発売します。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です