メイフェア、ウォレスとの提携解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのボードゲーム出版社メイフェアゲームズは、イギリスのゲームデザイナー、M.ウォレス氏との提携を解除したことを明らかにした。『スチーム』の第5拡張を最後に、今後はウォレス作品がメイフェアゲームズから出版されないことになる。

メイフェアゲームズとウォレス氏は、『スチーム』『オートモービル』など多くの傑作を発表してきたが、「どんなによいものであれ、いずれ終りを迎えなければならない。そしてそれが今日だったのです」とメイフェア社。「メイフェアゲームズとマーティン・ウォレスは別の道を歩んでいくことになりました。ウォレス氏とご家族の健康と、今後もボードゲーム愛好者を喜ばせる作品を作り続けて行かれることを祈ります」とコメントしている。

ICv2:Mayfair Games, Designer Martin Wallace Part Ways

M.ウォレス氏はICv2の取材に応じ、ツリーフロッグ(ウォレス氏の個人レーベル)とメイフェアゲームズで共同開発中の『シップス(Ships)』という新作について、メイフェア社から2016年に発売を延期することを打診され、すでに発注しているものもあるため予定通りの発売を願ったところ、提携解消の発表になったという。一方的な発表に「私も少し驚いている」とウォレス氏。

なお、提携解消は今後の作品開発に限り、これまでの作品については従来通り販売される。『シップス』は限定版がツリーフロッグから秋に発売される見通しだが、一般発売は未定となった。
ICv2:’Ships’ Sinks Mayfair, Wallace Accord

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です