『カタンの開拓者たち』映画化へ

『パーフェクトストーム』や『エアフォース・ワン』を手がけた女性プロデューサーのG.ガッツ氏は、『カタンの開拓者たち』の映画・テレビ化権を取得したことが明らかになった。
ガッツ氏は、カタンにはまっている大学生の子どもたちから教えてもらって以来、ずっと映像化を考えていたという。そして「カタンの島は鮮明で視覚に訴え、エキサイティングで時代を超越した世界です。クラシックなテーマと、モラルの挑戦は、今日にも訴えるものがあります。このゲームと関連作品の何が人々に愛されているかを取り上げる大きなチャンスだというのが、映像化しようとしたきっかけです」とコメントしている。
『カタンの開拓者たち』はアメリカにおいて大学キャンパスだけでなく、シリコンバレーでも人気で『ワイアード』や『ザ・ニューヨーカー』などの雑誌で取り上げられている。『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌は、NFLチームのグリーンベイ・パッカーズの選手間でこのゲームが流行っていることと伝えている。
G.ガッツ氏の最新作は、冷戦時代の伝説のチェスチャンピオン、ボビー・フィッシャーの半生を描いた『ポーン・サクリファイス』。『スパイダーマン』を演じたトビー・マグワイア氏が主演を務める。
『カタンの開拓者たち』は1995年に発売され、今年で20周年を迎える。世界50カ国、30言語で、累計2200万セットが販売されており、たくさんの拡張セットやシリーズ作品があるほか、ドイツでは小説化も行われている。
Deadline Hollywood:Gail Katz On Board With ‘Settlers of Catan’, Lands TV & Film Rights

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です