スイスゲーマーズ賞2013に『ロビンソンクルーソー 呪われた島の冒険』

スイスゲーマーズ賞2013スイスのボードゲーム普及団体「ルデスコ」は、3月7~9日に行われたボードゲーム祭にて、スイスゲーマーズ賞(Swiss Gamers Award)2013を発表した。国内のボードゲームサークルによる人気投票で、『ロビンソンクルーソー 呪われた島の冒険(Robinson Crusoe: Adventure on the Cursed Island)』が1位に選ばれた。
スイスゲーム賞(Schweizer Spielepreis)に代わって始まったゲーム賞の4年目。サークル単位でベスト5を年末に挙げ、上から8,5,3,2,1点として集計して翌年に発表する仕組みで、2010年には『世界の七不思議』、2011年は『ローマに栄光あれ』、2012年は『ツォルキン:マヤ神聖暦』を1位に選んでいる。
今年の1位に選ばれた『ロビンソンクルーソー 呪われた島の冒険』はポーランドの作品で、限られた日数のうちに無人島シナリオを協力してクリアするボードゲーム。2012年に発売され、ドイツ、アメリカ、フランス、ロシア、イタリアの各国語にもなっている。日本ではテンデイズゲームズが少数販売したが、現在は取り扱いがない。
2位には1点差でエジプト種族が戦うフランスのボードゲーム『ケメト』、3位には昨年のエッセン・シュピールで話題となったドイツのボードゲーム『ロシアンレールロード』が選ばれた。日本発のカードゲーム『ラブレター』が5位に入っているところが注目される。
【スイスゲーマーズ賞2013】
1位:ロビンソンクルーソー 呪われた島の冒険(Robinson Crusoe: Adventure on the Cursed Island)29点
2位:ケメト(Kemet)28点
3位:ロシアンレールロード(Russian Railroads)18点
4位:ボラボラ(Bora Bora)18点
5位:ラブレター(Love Letter)16点
Swiss Gamers Award:Rusultate 2013

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です