日本ボードゲーム大賞2013に『チャオチャオ』と『ツォルキン』

NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」は本日、日本ボードゲーム大賞2013を発表した。選考部門には『チャオチャオ』、投票部門には『ツォルキン:マヤ神聖歴』が選ばれた。
今年で12回目を迎える日本ボードゲーム大賞。昨年1年間に日本国内で新発売された215タイトルの中から大賞を選んだ。
選考部門(ゆうもあ賞)は、ゲームをあまり遊ばない家族向けにゆうもあがお薦めする作品。今年は『チャオチャオ』が選ばれた。出たダイス目をみんなに見せず、嘘をついてコマを進める作品で、日本語版がメビウスゲームズから発売されている。ノミネートには『ジョイント・ブロッカーズ!』『バナナマッチョ』が選ばれている。
投票部門は昨年12月から今年2月まで、3ヶ月間にわたって全国のショップ、ボードゲームサークル、およびネットで行われ、36都道府県から217名(昨年比-80名)が参加した。各自ベスト5まで記入できる方式で、1位5点、2位4点、3位3点・・・として集計した結果、『ツォルキン:マヤ神聖暦』が1位となった。連動する歯車の上にコマを置いてさまざまなアクションを行い、神々に捧げ物をしていくボードゲームでチェコゲーム出版(チェコ)から発売され、日本ではホビージャパンが取り扱っている。
2位以下の順位は下記の通り。『ラブレター』が1位、『Vopals』が2位に選ばれた昨年とうって変わって、国産の入賞は9位の『ステステマーケティング』のみに留まっている。
【日本ボードゲーム大賞2013】
選考部門(ゆうもあ賞)
大賞:チャオチャオ(Ciao Ciao / A.ランドルフ / ドライハーゼン / メビウスゲームズ)
ノミネート:ジョイント・ブロッカーズ!(Blockers! / K.ヒース / アミーゴ / アークライト)
ノミネート:バナナマッチョ(Banana Matcho / T.フツラー / ツォッホ / メビウスゲームズ)
投票部門
大賞:ツォルキン:マヤ神聖歴(S.ルキアーニ、D.タスキーニ / チェコゲームズ出版) 181点
2位:レジスタンス:アヴァロン(The Resistance: AVALON / インディーゲームズ / ホビージャパン)149点
3位:テラミスティカ(Terra Mystica / H.オスターターク、J.ドレーゲミュラー / フォイヤーラントシュピーレ / テンデイズゲームズ) 129点
4位:アンドールの伝説(Die Legenden von Andor)120点
5位:キーフラワー(Keyflower)101点
6位:村の人生(Village) 99点
7位:十二季節の魔法使い(Seasons) 92点
8位:テレストレーション(Telestration) 81点
9位:ステステマーケティング 69点
10位:シドマイヤーズシヴィライゼーション(Sid Meyer’s Civilization) 65点
10位:ベガス(Vegas) 65点
・NPOゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2013 ゆうもあ賞 決定日本ボードゲーム大賞2013 投票部門 発表!

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です