チケットトゥライド10周年、世界大会も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイズ・オブ・ワンダー社(フランス)は今年、鉄道ゲーム『チケットトゥライド(Ticket to Ride)』の発売10周年を迎える。これを記念して10周年特別版を発売するほか、世界大会を開催することを発表した。
『チケットトゥライド』は2004年に発売され、ドイツ年間ゲーム大賞に選ばれた傑作鉄道ゲーム。カードを出して盤面に列車コマを置き、ルートをつなげることを目指す。日本ではバンダイが2006年に、ホビージャパンが2012年に日本語版を発売している。ヨーロッパ、ドイツ、北欧、東アジア、インド、アフリカ、スイスの追加マップや、カードゲーム版も発売された。
10周年記年版は、オリジナルの北アメリカマップで、ボードの大きさが1.5倍、色別に缶に入った列車コマは彩色済みフィギュアと豪華になったほか、拡張セットのカードも含まれる。価格は100ドル(約10,000円)で、国内発売は未定。
Days of Wonder:10th Anniversary Edition
チケットトゥライド10周年記念版
また、デイズ・オブ・ワンダー社の主催により、9月に世界選手権が開催される。夏の間に22カ国で予選が行われ、代表がパリで世界チャンピオンの座を争う。優勝賞品には、バンコク―シンガポール8泊9日鉄道の旅が用意されている。日本は参加国に含まれていないが、オンライン予選に参加できる可能性がある。
Days of Wonder:Ticket to Ride World Championship

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です