シュピール’13:開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月24日から4日間にわたって、ドイツ北西部のエッセンにてボードゲームメッセ「シュピール’13(SPIEL ’13)が開催される。48000平方メートルの会場に39カ国から828団体が出展し、約15万人の来場を見込んでいる。
ドイツのボードゲーム産業は2013年9月までで前年同期比5%の売上増。多種多様なボードゲームを制作し、世界各国への輸出が売上増の一因となっている。特に近年業界を牽引してきたキッズゲームから、ファミリーゲーム・大人向けゲームが好調で10~15%の成長を遂げ(キッズゲームは8%の増、TCGは11%の減)、近年の好不調の境目となっている年間売上4億ユーロ(520億円)は越える見通しとなっている。
開催に先駆けて23日に記者会見が行われ、主催フリードヘルム・メルツ社のD.メツラー氏がシュピールの概要を説明。フッフ&フレンズ社の新作に登場するコメディアンのK.ヤナール氏が招かれ、ボードゲームへの思いを語った。
その後、注目の新作やドイツゲーム賞についてアナウンスがあり、記者会見の後には各社展示による新作プレビュー。また夜にはドイツゲーム賞の授賞式も例年通り行われた。
メッセ西
今年は改装工事のため、例年とは別のホールで開催される。駅も1つ先の「メッセ西」に
ラブレター
プレビューの入り口すぐに『ラブレター』ドイツ語版の展示。ペガサスシュピーレ
グラスロードとローゼンベルク
新作『グラスロード』と作者のローゼンベルク
スパイリウムとアティア
日本ではすでに発売されている新作『スパイリウム』と作者のアティア
ドイツゲーム賞2013授賞式
今年のドイツゲーム賞、3位以上のデザイナーと出版社

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です