ブラフーンズ(Bluffoons)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラフゲームのデパート

ドイツのボードゲームメッセで見つけてきたイギリスのボードゲーム。出版社はパンツ・オン・ファイヤーゲームズ。英語で、子供の野次”Liar Liar Pants On Fire(ウソつき、ウソつき、パンツ火がつき)”から取っている。メッセのブースでは、下から光と風が当てて火に模した布(スーパーによくあるアレ)の上にパンツを下げて目立っていた。

そのパンツ・オン・ファイヤーゲームズが今年発表した作品がこの『ブラフーンズ』だ。5つのブラフゲームを制して、最初にゴールに着くことを目指すという、まさにウソつきゲーム。


コインを何枚握ってる?

手番プレイヤーのコマが止まっているマスのゲームを行い、勝者がコマを進める。ゲームのカテゴリーはコイン、カード、ダイス、ジレンマ、じゃんけんの5種類だ。

  1. コイン:各自コインを0~2枚握り、プレイヤー全体で何枚握られているかを予想する。ほかの人の予想から、多めに握っているか少なめに握っているかを予想するが、あべこべを言っている人がいるかもしれない。
  2. カード:1~15の数字が書かれたカードを混ぜて1枚ずつ配り、順番に1からカウントアップ。配られたカードより大きな数字を言っていると思ったらチャレンジする。平気な顔で数字を上げるチキンレースが楽しい。
  3. ダイス:4つのダイスを振って出た役を宣言。次の人はチャレンジするか、パスするか、レイズして振り直す。役はワンペア、ツーペア、スリーカード、フォーカードの4つしかないのでレイズは難しいが、その分、奇跡的に高い役が出たときの興奮は異常。
  4. ジレンマ:有名な囚人のジレンマを実体験。1人を指名し。自分とその人が「協力」か「裏切り」かのカードを同時に出す。2人とも協力なら1マスずつ進め、2人とも裏切りなら3マスずつ戻る。片方が協力で片方が裏切りなら裏切りを出したほうが3マス進める。
  5. じゃんけん:最初に何を出すか宣言してからじゃんけんする。当然うそをついてもよい。「グーを出します」「じゃあ私はパーを出しますよ」「じゃんけん、ポン!」

さらに、1対1で戦うデュエル、カードやダイスを見ないで宣言しなければならない「ブラインド」があって変化に富む。ブラインドのカードかダイスで勝つとブラフーンカードがもらえ、じゃんけんをやり直すなどの特殊能力が得られる。

じゃんけんの読みが冴えて私が最初にリーチをかけたが、その得意としていたじゃんけんで塚本さんに負けてからはずるずる後退。ゴール前での一進一退の攻防を制した塚本さんがウソつき王者となった。

Bluffoons
R.マックラッキー、S.M.ウォーカー/パンツ・オン・ファイヤーゲームズ(2012年)
3~6人用/8歳以上/45分
国内未発売

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です