トップシークレット(Top Secret)

このエントリーをはてなブックマークに追加

重要文書を爆破!
ブラッツ社は、経済的困難に陥ったシュミット社を1997年に買い取り、社名をシュミット社に変更したため、それ以来、ブラッツ社としてはゲームを出版していない。しかし90年代はランドルフの『イースター島』(1994)、クニツィアの『メンバーズ・オンリー』(1996)などをリリースし、ドイツゲームの黄金時代を形成した。この作品も小箱のカードゲームながら、デザイナーにT.シェープス(『十二星座ゲーム』)を起用している。
スパイとなって、価値の高い秘密文書を金庫にしまうゲーム。ランドルフにも同じタイトルのスパイゲームがあり、こちらも『ハゲタカのえじき』ばりの同時公開(手札を1枚出して、一斉にめくる)であるため、混乱してしまうが、バーストの要素があってエキサイティングなゲームだ。
トップシークレット
手札にあるのはいろいろな得点の秘密文書カードと、みんなの秘密文書を爆破するテロリストカード、だれかの秘密文書を盗むもぐら(二重スパイ)カード、そしてテロリストから秘密文書を守るスペシャルエージェントカードの4種類。全員が、手札から1枚を選んで一斉にめくる。
秘密文書カードは爆破も泥棒もされなかった場合、そのまま自分の金庫にしまえばもう安全である。ところがこのゲームのポイント、そのまま金庫の外に出しておいて、次のラウンドに同じ数字のカードを出し、再び爆破も泥棒もされなかった場合、得点が2倍になる。魅力的であると同時に、高得点のカードはみんなが狙ってくるのでリスクも伴う。
高得点カードを2倍にするには、みんなの裏をかかなければならない。序盤からいきなり狙うか、少し後にするか、それとも終盤にテロリストやもぐらが切れたところを狙うか。シンプルゆえに、大いに悩むところだ。
うまくほかの人のテロリストや泥棒を避けられただけでなく、高得点のカードを盗んで2倍にすることもできた私が1位。高得点を出すたびに盗まれたり爆破されたりしたcarlさんとの違いは何だったかといえば、勘が冴えていたというぐらいか。テロリストを出した人は「ドカン!」というルールがあり、高得点のカードを爆破できると気持ちいい。
Top Secret
T.シェープス/ブラッツシュピーレ(1995年)
2〜6人用/8歳以上/20分
絶版・入手難

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です