スイスゲーマーズ賞2011に『ローマに栄光あれ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイスゲーマーズ賞スイスのボードゲーム普及団体「ルデスコ」は、3月16日から3日間にわたって開かれるルデスコ・ボードゲーム祭に合わせて「スイスゲーマーズ賞」2011を発表した。国内のボードゲームサークル16団体による人気投票で、『ローマに栄光あれ』が1位に選ばれた。
スイスのボードゲーム賞は2007年まで選ばれていたが、2年間中断。昨年、愛好者主体の賞が新たに立ち上がり、2010年には『世界の七不思議』を1位に選んでいる。サークル単位でベスト5を挙げ、上から8,5,3,2,1点として集計する仕組み。
今年の1位に選ばれた『ローマに栄光あれ』はアメリカの作品(原題”Glory to Rome”)で、ローマ皇帝ネロが火災で失われた街を再建するカードゲーム。史実に基づく200枚近いカードは、レンガや石材などの資材と、街の門や塔などの建築物になっており、パトロンや職人などの職業を使って築いていく。
2位にはフランスを舞台にした『ブルゴーニュ』、3位にはスイスを舞台にした『ヘルベチア』が選ばれた。
【スイスゲーマーズ賞2011】
1位:ローマに栄光あれ(La Gloire de Rome/フォロソフィア)36点
2位:ブルゴーニュ(Les Châteaux de Bourgogne/アレア)24点
3位:ヘルベチア(Helvetia/コスモス)18点
4位:カラヤのスルタン(Sultans de Karaya/MJゲームズ)13点
同 :エアライン・ヨーロッパ(Airlines Europe/フィロソフィア)13点
Swiss Gamers Award:Rusults

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です