トレーダー(Trader)

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単には買わせてもらえず

1枚ずつカードを購入し、掛け算で売って儲けるカードゲーム。2001年にウィニングムーヴズ社から出された『コンビット(Combit)』を、3〜4人でも遊べるようにリメイクして、フランスのカクテルゲームズから缶ペンケースみたいなパッケージで発売された。20分という短いプレイ時間が信じられないくらいの遊びごたえがある。
場に並んだ5列のカードは、パリやニューヨークの証券取引所を表している。自分の手番には買うか売るかのどちらか。買うならば、どの列でもよいので一番下にあるカードを買い、売るならば、同じ色のカードを2枚売る。
利益は2枚の掛け算である。カードの数字は2〜6があるので、一番効率がよいのは5×6=30ユーロ。5は5ユーロ、6は6ユーロで買うので、19ユーロの儲けになる。これが2×3=6ユーロになると、儲けは1ユーロにしかならない。
3人で遊ぶ場合、勝った後に1列に「市場封鎖カード」を置いてブロックできる。当然、同じ色が集めにくいように邪魔するわけで、同じ色の5と6なんていうのは簡単に手に入らない。カードの列は全部見えているので、計画的に買っていこう。
絶妙なことに、最初の資金は何枚か買うとなくなるくらいしかない。したがって集めまくって揃ったら売却という方法ができず、序盤で1回は売っておく必要がある。当座の資金を手に入れる序盤の攻防と、大金を狙う終盤の攻防があるのが面白い。
3列が売り切れたら最終ラウンドで、所持金の多い人が勝ち。
くさのまさんが中盤に大金を手に入れ、そのまま安定した収支で勝利。私は最後の最後に5×6を売却できたが及ばなかった。相手はどの列を封鎖するか、そうすると次に自分はどのカードが買えそうか、そもそもお金は足りているかなど、先の先を考えて選ぶのは本当に悩ましく、遊びごたえ十分だった。
Trader
K.パレーシュ、H.-R.レーズナー/カクテルゲームズ(2009年)
2〜4人用/10歳以上/20分
テンデイズゲームズ:トレーダー

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です