スティッキー(Zitternix)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供は度胸があるね
最も小さい子供から遊べるゲーム。赤青黄の色と名前が一致していればOKで、メーカー表示とは別に3歳くらいから遊べる(愛子さまはきちんと6歳のときに遊ばれたようだ。TGW「皇太子御一家『スティッキー』を遊ぶ」)。NPOのゆうもあが推薦する「ゆうゲームズ」でも、『カヤナック』や『テディメモリー』と並んで3歳くらいからのゲームとなっている。
棒を束にして、木の輪をかける。カラーダイスを振って、その色の棒を抜き、崩したら負け。抜いた木の棒を点数として数え、太い棒ほど得点が高いのがルールだが、別に省略してもよいだろう。
大人は大丈夫そうな棒を探してそろりそろりと抜くのに対し、子供は容赦なくぐいっと抜く。その結果、輪がずれても容易に崩れないのが面白いところだ。小さい指だから有利なのかだろうか。
弟や妹がまだ小さいきょうだいでも善戦できるのでおすすめ。愛子さまも遊んで、当時は品薄になったと話せば、親も興味をもってくれるだろう。製造元のドイツでは受賞暦がないが、日本ではロングセラーとなっているゲームである。
うちの長女がこのゲームを初めて遊んだのは2歳1ヶ月だった。今回は4歳の長男と遊んで、限界である残り3本まで崩れなかった。棒を抜いた後、嬉しくてはしゃぐのが可愛い。
Zitternix
H.マイスター作/ハバ・ハバーマス社(2000年)
2〜4人用/6歳以上/10分

Author: admin

2 thoughts on “スティッキー(Zitternix)

  1. 2歳1ヶ月でもいけましたか!?
    じゃあ、うちの子もいけるかな。

  2. 当時は、「赤はどれかなー?」なんていうふうにして遊んでいました。色の名前がなんとなく分かるくらいでもう大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です