新作の人気は『フレスコ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が、ドイツのボードゲーム情報サイト・シュピールボックスにて発表された。
「プフェファークーヘル」は、復活祭(今年は4月上旬)の休日を利用して約300名の参加者がホテルに集まり、1週間ゲームを遊ぶイベント。週末に人気投票の結果を集計して発表している。ドイツのゲーム年度(前年のエッセン国際ゲーム祭から当年のニュルンベルク国際玩具見本市)に合わせた新作を対象としており、ここで上位になったゲームは、9月に発表されるドイツゲーム賞でも上位に入ることが多い。今年で6回目。
『ドミニオン』旋風が吹き荒れた後の今年の結果は以下の通り。エッセンで発売されたフリーク向けのゲームがひしめく中、ニュルンベルクで発表されたクイーンゲームズの『フレスコ』が1位となっている。ドイツゲームの復権なるか。『フレスコ』は、メビウスゲームズ(東京・水道橋)店長のブログに紹介記事が掲載されており、国内販売も間近であると見られる。
追記:ボードゲームギークのフォーラムで6位以下も明らかになった。全11タイトルのうち、オリジナルのドイツゲームは8タイトル、すでに国内で発売されているものが8タイトル、日本語版のあるものが3タイトルとなっている。
【プフェファークーヘル2010】
1位:フレスコ(Fresko)135点
2位:ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)98点
3位:エンデバー(Magister Navis)78点
4位:ハンザ・テウトニカ(Hansa Teutonica)69点
5位:果てしなき世界(Die Tore der Welt)55点
6位:エジツィア(Egizia)47点
7位:ティタニア(Titania)33点
8位:サマルカンド(Samarkand)27点
9位:洛陽の門にて(Vor den Toren von Loyang)25点
10位:マカオ(Macao)25点
11位:ロール・スルー・ザ・エイジ(Im Wandel der Zeiten – das Würfelspiel)25点
spielbox-online:Fresko gewinnt den Pfefferkuchel
Boardgame Geek:Pfefferkuchel 2010

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です