ゴンザーガ(Gozaga)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパ中央の激戦
ヨーロッパ全土を舞台に、さまざまなパターンの六角形タイルを並べて領土を奪い合うゲーム。ゴンザーガとは、イタリア北部を13世紀から400年近く支配した一族の名前。昨年のエッセンでイタリアのdVゲームズ(旧ダヴィンチ出版)から発売された。六角形タイルの造形がひときわ目を引くが、見かけだけではない。
六角形タイルは、六角形を3〜4個つなげた形をしており、端にお城がある(お城は海にはみ出して置けない)。パターンは『ブロックス』のようにさまざまあって、構成はみんな同じだ。ラウンドのはじめにまず領土カードを引いて、今回使う六角形タイルが決まる。そのかたちを見て、どこに置いたらよいか考え、アクションを選択する。アクションは国(イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、東欧の6種類)と、地形(港のみ、都市のみ、都市+港)の組み合わせ。みんなが選んだら一斉にオープンして、アクションに沿ってタイルを置く。
1枚2枚置いてみて初めて気づくことだが、タイルは思いのほか広く、どの国も置き場はすぐになくなってしまう。だから先に置けることが重要で、手番順の決定方法がゲームの大きなポイントになっている。
基本は選んだ地形によって順番が決まる。最初に「港のみ」のアクションを選んだ人、次に「都市のみ」、最後に「都市+港」。だから「都市+港」の手番が来る頃には、どちらも取られてしまっている可能性が高い(その場合は1マスだけ占有できる)。そこで「王の命令」というアクションがあり、有限の指輪を消費して、優先的に手番を行うことができる。同じアクションを選んだ人がいる場合は、タイル番号で決まる(全てのタイルに番号が付いていて、置きにくいタイルほど番号が若い)。
全員がタイルを置いたら、次のタイルを決め、アクションを選択する。前のラウンドで選んだアクションは連続してできないため、国も地形もどれかに特化できず、満遍なくタイルを置かなければならない。2ラウンド、3ラウンド後まで考えたアクションを選択しないと、得点が稼げないだろう。
得点は、自分のタイルを置いた都市や港のほか、同じマークの港、つながっているタイルの枚数、そしてゲームの最初に配られるマークのついた都市で入る。つながっているタイルの枚数は得点が高いが1位だけなので、競争は熾烈。特にヨーロッパの中央にあたるドイツ南部〜イタリア北部の陣取りが熱い。あえてその争いに加わらず、港や都市のマークを狙うほうが得なことも。
都市と港のマークが3つ以下になったら、最終ラウンドでゲーム終了。考えることはあるが、だいたい1時間強で終わる。
序盤にタイルをつなげるのは得点の低い周辺国からスタートした私は、競争の激しいヨーロッパ中央への足がかりを失い、タイル枚数の競争から早々と脱落してしまう。でも諦めきれずに得点の高くないエリアにタイルを置いて最下位。都市や港のマークに移行するのが遅すぎた。トップは、タイル枚数から早めにマーク揃えを進めたかゆかゆさん。都市はコンプリートで、港もたくさん集めた。
タイルに合わせたアクションの選択は常に悩ましく、さらに先手を取れるかどうかの瀬戸際が輪をかける。ボードが地図になっているゲームで、国を取ったり取られたりするのは私の好みではないが、このゲームは一度置いたタイルは安全で、常にその先のことを考えていけるのが気に入った。置きたいところに先に置かれて「グハ!」「ギョエ〜」などと悲鳴が上がるのも盛り上がってよい。1時間、熱中して楽しめた。
Gonzaga
G.ドゥッコーリ/dVゲームズ(2009年)
2〜4人用/8歳以上/45分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です