エルパソ(El Paso)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

度胸だけでは勝てない
5つのダイスが全部保安官になるまで粘って、たくさんのチップを集めるゲーム。私の大好きなデザイナー、S.ドーラはこのところキッズゲームばかりで、『アパッチ』(アバクス社)以来2年ぶりのファミリーゲームである。私がこのデザイナーを好きなのは、余計なルールを徹底的にそぎ落とし、ゲームの楽しさを凝縮しているところにある。このゲームも作りはいたってシンプルだが、バーストとバッティングの妙が楽しめる。
舞台はテキサス。プレイヤーは7つの街を1つずつ襲う。街にチップが並べられたら、まずどのチップを狙うかをカードで選択。そしてダイスを振り、セーフだったらほしいチップをもらう。さらに次のカードを出し、ダイスを振り、チップをもらうというのを繰り返す。
カードには数字が書いてあり、同じ品物を選んだ人がいたら、数字の大きい順に取る。でもチップは価値の小さい順に重なっており、最初に取るとしょぼいチップになってしまう。でもチップの枚数には限りがあるから、数字が小さいカードだともらえないこともある。さらに、ダイスでそのマークが出ないともらえないチップもあり、リスクの高いバッティングを狙うべきか、安全確実に行くべきか迷う。
ダイスは5つあり、どれも3分の1で保安官の目が出る。保安官の目が出たダイスは脇によけておき、5つ全部が保安官になったらバースト。その時点で街に残っているプレイヤーは取っ捕まってしまう。それまでに取ったチップは全部没収。なので危ないなと思ったら、適当なタイミングで街を出よう。
つまり、バッティングのリスクとバーストのリスクを同時に抱えるゲームなのである。度胸がないと勝てはしない。
とはいえ、ただの運試しではない。なぜかというと、次の街で換金(得点化)できるチップが決まっていて、どのチップを選ぶべきか、どのチップを取ったら次の街にいってよいかが変わるからである。次の街で馬が高く売れるなら、まず馬を狙い、馬が手に入ったらとっととずらかってもよい。裏をかいて馬を取らずに、バースト覚悟でぎりぎりまで粘ってほかのチップをかき集めるのもよいだろう。
最後の街エルパソは、生き残れば全部のチップが高額レートで換金できる。「もう1回!」「まだまだ行ける!」とつい欲張って保安官に捕まらないようにしたい。
序盤からバーストしまくっていたkarokuさん。ダイスが残り1個になっても粘っているので無謀だなと思っていると、終盤の街で一か八かの賭けに出て大幅リード。そのまま逃げ切って勝利した。実は序盤は換金レートが低いので、バーストしてもしなくても1〜2点ぐらいの差にしかならない。それなのに私はすぐに抜けるチキンで、儲け幅が小さい。一度だけ勝負に出たがうまくいかなかった。
度胸と計画性のほかに、このゲームに必要なものはプレイヤーの性格の違い。無謀からチキン、理論派から直感派まで、いろんな性格のプレイヤーがいたほうが面白いだろう。そしてお互いに「もうやめたらいいんじゃ?」「えー、もう抜けんの?」などとツッコミながら遊ぶとよい。
El Paso
S.ドーラ作/ツォッホ出版(2009年)
2〜5人用/10歳以上/45分
メビウスゲームズ:エルパソ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です