ニュルンベルク国際玩具見本市2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

第61回目のニュルンベルク国際玩具見本市が2月4日から6日間にわたって開かれた。ボードゲームだけでなく玩具全般のメッセで、今年は64カ国から2,625社が出展し、104カ国から76,600人が訪れた。訪問者数は昨年(75,409人)から2%の増。本部では「子供は不況を知らない」とまとめている。
ボードゲームの分野では、不況による価格競争が起こっており、『アルハンブラ』『ズーロレット』『ケルト』『魔法のラビリンス』『小さなオバケ』など大賞受賞作の小箱化・カードゲーム化が目立った。
例外的に、『グレンモア(アレア)』、『ティタニア(ハンス・イム・グリュック)』、『アステロイド(イスタリ)』、『サマルカンド(クイーン)』、『フレスコ(クイーン)』、『チョコラトル(QWG)』、『レボリューション(ペガサス)』、『倉庫の街(エッガート)』:などのゲーマーズゲームも数タイトル発売されている(リンク先:Reich der Spieleによるコンポーネントの写真)
革新的な玩具に対して2004年から贈られているトイ・イノベーション賞は、「創造性・デザイン」部門にパーティ・コミュニケーションゲーム『クエルフ(アミーゴ)』、「ゲーム・アクション」部門にボードを組み立てられる『モノポリー・Uビルド』がノミネートされたが、部門賞は獲得ならなかった。
TGW:ニュルンベルク2010新作情報
Spielwarenmesse Nürnberg:Schlussbericht
Spielwarenmesse Nürnberg:Nominiert 2010

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です