iPhoneにドイツゲーム続々

携帯端末のiPhone(iPod touch)用に、今月、クニツィアの『タブラ・ラサ』とシャハトの『ズーロレット』が発売される。英語とドイツ語のみだが、ダウンロード販売なので日本でも遊ぶことができそう。
クニツィアの『タブラ・ラサ』は1999年にドイツで発売されたカードゲーム。今回発売されるのはその英語版『シャルルマーニュの騎士』で、向かい合って10の城を奪い合う。列ごとに同じ数字か色を出さなければならないという縛りがゲームを面白くする。2人プレイは対戦で、チーム戦ではない模様。
シャハトの『ズーロレット』は2007年に発売され、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した作品。動物をトラックに載せて集め、種類ごとに分けて余らないように檻に入れる。動物がそれぞれ動き、実際の動物園にいるかのような臨場感を味わえる。4人までプレイ可能。
iPhoneはマルチタッチディスプレイで画面を指で触ってドラッグしたりできるなど、ゲーム機として注目されており、発売1年ですでに1000タイトル以上が発売されている。ダウンロード販売で安価でソフト販売できることから、さらなるボードゲームの発売が予想される。
SpinBottle:Zooloretto
touch Arcade:Reiner Knizia’s Knights of Charlemagne coming to iPhone/iPod Touch on April 8
ズーロレット

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です