ドイツゲーム賞に投票した

Spielboxにはがきが付いていたけど、結局ネットで投票した。
今年のマイベストゲーム。何年経っても記憶に残りそうなものをチョイス。
1.サラマンカ …ドーラへのひいきだということは十分分かっているけれども(笑)。激しい直接攻撃の合間をぬって得点するアヤが魅力。
2.大聖堂 …戦略がもう固定されたという話を聞くが、あれもほしいこれもほしいという中で、よく観察するとみんながほしいわけじゃないというアヤが魅力。
3.テーベの東…時間の消費という斬新なシステム、射幸心をあおる発掘。引けたって引けなくたって面白いんですよ。
4.ヴァイキング …あのにっくきバイキングに戦士を立てて奪い返すときの爽快感。
5.オリゴ …Spielboxで実はリメイクだったという話を読んだけど、クラマーの陣取りが好きな人はまた新しいのが出てきたと喜ぶ。
子どもゲーム 雄ヤギのベッポ
ベッポ君が吹き飛んでいくこのインパクトは近年まれに見るレベル。
ちなみに6位以下をつけるならばこんなところかな?
6.アルケミスト…タナカマさんの情熱に当てられて。
7.悪魔城への馬車 …見えない味方と心をひとつにするという稀有な感覚。
8.バンジー …すべてが盛り上がるのにつながっていくムダのないルール。
9.ケイラスマグナカルタ…もうケイラスは遊べないかもしれない。
10.イスファハン …ダイスの目の偏りが織り成すドラマ。
私にとっては圏外だけど入賞する可能性が高いのは、ズーロレット、ノートルダム、アルカディアの建設あたり。投票は、本人確認のメールもURIをクリックするだけでOKなので、みなさんも是非。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です