エッセン国際ゲーム祭、新作の評価

独 世界最大のボードゲームイベントであるエッセン国際ゲーム祭(Spiel ’03)が、10月23日から4日間に渡って開催されました。ドイツのゲーム専門誌「フェアプレイ」は毎年恒例の現地アンケートを行い、その結果を発表しました。ゲームサイトGames
We Playではこの集計をもとに、ドイツのメーカーと個人メーカーに分けてリストアップしており、主なメーカーの動向はこちらで探ることができます。

 アレアのプエルトリコ・カードゲーム、サンフアンが2年前からのフィーバーを受けてトップ。発売前にオンラインサイトBrettspielweltで公開されたインシュアッティカも上位に入りました。ゲームデザイナーコンテストからスカウトされたマヤも注目度が高い模様。デザイナーとしては、看板娘でメジャーとして認知されつつある異色のデザイナー、フリードマン・フリーゼの作品が3作も入っています。

 2月に行われるニュルンベルクおもちゃ見本市と比べ、エッセン国際ゲーム祭は中小企業が活躍する傾向が強いですが、その中から評価を固めてメジャーメーカーに発展する企業が生まれていくことが期待されます。(Fairplay

【フェアプレイ誌主催スカウト評価】

1.サンフアン(San Juan, A.Seyfarth, alea) 78/1.78

2.インシュ(Yinsh, K.Burm, Don&Co) 64/1.80

3.マヤ(Maya, B.Eisenstein Abacus) 116/1.80

4.フレッシュ・フィッシュ(Fresh Fish, F.Friese, Plenary Games) 53/1.91

5.鉄道ダイス(Railroad Dice,J.Kappe, Wassertal ) 50/2.02

6.アッティカ(Attika, M-A.C.Merkle, Hans im Glueck) 192/2.12

7.暗闇のフロア(Finstere Flore, F.Friese, 2F-Spiele) 140/2.12

8.ルドフィール(Lidoviel, F.Friese, Drubberholz) 65/2.20

9.魔法の剣とドラゴン(Zauberschwert & Drachenei, J.Schwinghammer Adlung) 59/2.20

10.フォイリオ(Feurio, H.Glumpler, Erlkonig) 71/2.25

 (右側の数字は得票数-50票以上/評価-1最高〜5最低の平均)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です