国産カードゲーム「アルゴ」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

算数オリンピック委員会はピーター・フランクル、東京大学数学科の学生と共同で新しいカードゲームを開発し、学研より発売しました。伏せられている相手のカードを推理して当てるアブストラクトゲームで、「頭のよくなるゲーム」という売り文句。小学校教材としても使われているそうです。4人まで遊べ、1人用ルールも紹介されています。算数オリンピック委員会のホームページで詳しいゲームのルールや具体的なプレイの流れ、そしてJAVAによるゲームが公開されています。(算数オリンピック委員会

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です