ボウザ来日、名古屋・京都・大阪で11月22~25日イベント開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界の七不思議』『花火』『東海道』などで知られるフランスのボードゲームデザイナー、アントワーヌ・ボウザ氏が今月来日し、名古屋・京都・大阪でワークショップや講演会が行われる。

大阪産業大学、大阪市立大学、名古屋外国語大学の研究者によるゲーミフィケーション研究の一環として共同開催されるもので、いずれも参加無料だが事前申込が必要となっている。講演はフランス語で日本語通訳あり。日程と内容は以下の通り。

11月22日(水)13:20~16:30、名古屋外国語大学・名駅キャンパス(JR名古屋駅徒歩12分、地下鉄亀島駅徒歩6分)
内容:上杉真人氏と『ダンジョンオブマンダムエイト』を題材にしたゲームデザインのワークショップ。定員32名。申込はヤニック・ドゥプラド氏のメールアドレスyannick@nufs.ac.jpまで。

11月24日(金)10:30~12:00/13:30~15:00、京都・関西日仏学館(京阪出町柳駅徒歩12分)
内容:午前は『花火』『ゲストが来る前に』の体験、午後はSaashi氏と「ボードゲームにおける作者とは」や「作品を想像する際の方法論」について対談。定員は午前25名、午後60名。申込みはGoogle Formから。

11月25日(土)10:00~11:30、大阪産業大学梅田サテライトキャンパス(JR大阪駅徒歩10分、地下鉄北新地駅徒歩1分)
内容:「ゲームの没入感とモチベーション」について講演。定員70名。申込みはGoogle Formから。

ボウザ氏はゲームマーケットなどに合わせて頻繁に来日しており、同人ボードゲームを試遊するだけでなく、自らオリジナル作品『外人ダッシュ!!』を発表している。

Bauza2023

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。